2018年12月 札幌市西区「メディカルスクエア二十四軒」に開院の整形外科医院「だい整形外科クリニック」 


ごあいさつ

ごあいさつ

当院のホームページをご覧頂き、誠にありがとうございます。
院長の松本 大(まつもと だい)と申します。

整形外科の病気には様々なものがあり、症状は痛みや痺れ、肩が回らない・歩きづらい等、ひとりひとり違います。
そして症状のある方の多くは手術までは必要としませんが、生活やスポーツ活動の中で困っていたり、加齢だからと治療を諦めたりされていると思います。
そのような「手術は必要としないが症状にお困りの方」や「何とか手術は避けたいと思っている方」に、積極的な手術以外の治療(保存治療)を受けて頂きたいと考え、当院を開業しました。

病気や症状がひとりひとり違うように、必要な治療も患者さんごとに違います。
当院では手術は行っていませんが、投薬やリハビリテーション・注射や装具による治療を、患者さんそれぞれの病気や症状、年齢や生活状況に合わせて適切に行います。
またどうしても手術が必要となる患者さんに関しては、信頼する専門医師に責任を持って紹介させて頂きます。

ご自身の症状を、仕方ないと諦めていませんか?
肩・膝痛や腰痛から、日常のちょっと気になる症状まで、まずは一度ご相談下さい。
笑顔でお待ちしています。


生年 1977年生まれ
趣味 旅行、舞台鑑賞、
釣り、スキー
好きな食べ物 カレー
嫌いな食べ物 キュウリ

院長略歴

平成15年3月 札幌医科大学卒業
平成15年4月 北海道大学病院
平成16年4月 美唄労災病院(現 北海道中央労災病院)
平成17年4月 名寄市立病院
平成18年4月 北海道大学病院
平成19年4月 岩見沢市立病院
平成20年4月 斗南病院
平成22年4月 北海道大学病院
平成23年4月 倶知安厚生病院
平成24年4月 釧路労災病院
平成27年4月 JCHO札幌北辰病院
平成29年4月 斗南病院
平成30年12月 だい整形外科クリニック開業

所属学会等

日本整形外科学会、日本整形外科スポーツ医学会、日本肩関節学会、日本整形外科超音波学会、北海道災害整形外科学会

スタッフ紹介

看護師

安心して診察・治療が受けられるように、一人一人の気持ちに寄り添い、心のこもった看護を目指しています。
わからない事があれば小さなことでも遠慮なく相談してください。

放射線技師

いろいろな機械を使って検査を行いますので、患者さんの安心・安全を第一に考えています。その上でより患者さんの治療のお役にたつ、正確な検査が行えるように努力いたします。


理学療法士

私たちはより良いリハビリテーションをご提供するために、コミュニケーションを大切にしています。
患者さんが明るく元気にリハビリテーションに取り組めるようお手伝い致しますので、お困りの方はご相談下さい。

事  務

患者さんが安心して受診できクリニックに親しみを持って頂けるように、お一人お一人に明るく笑顔で接していくことを心掛けます。


診療理念

①いつも明るく笑顔で対応します。

患者さんの不安を取り除き、良くお話を聞かせて頂けるように笑顔で接します。

②「知識」と「技術」を学び続けます。

漫然と同じ治療を続けるのでは無く、常に新しいことを吸収する努力をします。

③病気や治療について、わかりやすい言葉で説明します。

専門用語をなるべく用いず、患者さんにわかりやすい言葉で説明します。

④積極的な保存治療(手術以外の治療)を提供します。

当院では手術は行いませんが、お薬だけではなく、
注射やリハビリテーション、装具や生活指導を必要に応じて、手術以外の治療を積極的に行います。

⑤元気なクリニックを作ります。

患者さんを大事にするには、スタッフ自身が元気で健康である事が必要と考えています。